未分類

B型肝炎の給付金


お金子供のころの予防接種の際に注射針を連続使用した際にB型肝炎になってしまった場合には国から給付金を受け取ることができる制度になっています。しかしながら、国から給付金を得るためには訴訟によって、自分が予防接種の際にB型肝炎に感染したことを証明する必要があります。医学的にそれを証明することが必要になりますが、B型肝炎に感染している人を救済する目的で、自分がB型肝炎であることを証明するのに必要な医療費用は国が負担してくれる制度になっています。訴訟する際に弁護士に代行を依頼した場合には弁護士費用の一部を国が負担してくれる制度になっています。また、訴訟は多くの場合において時間がかかるものではありますが、B型肝炎訴訟の場合には被害者救済の目的のために現状では非常に短時間で和解に持ち込むことができます。

半年から1年の間には和解が成立して、国から給付金をもらえるようになります弁護士が代行している場合には、一旦給付金を弁護士が取得してそれを被害者の方が受給するシステムになっていますので、全ての業務を弁護士が行うことになります。訴訟はもちろん自分でも行うことができるものですが、法的な知識が必要になりますので、弁護士に代行をしてもらった方が訴訟をスムーズに進めていくことができますので、お勧めです。例えばこれまで多くのB型肝炎の訴訟を行ってきた実績を持った弁護士であればすべてのプロセスをスムーズに進めていくことができるようになるはずです。