給付金の範囲


母子手帳B型肝炎に関する給付金はもちろん子供のころの予防接種によってB型肝炎になってしまった方が受給できるのは言うまでもありませんが、そのような方から母子感染によってB型肝炎になってしまった方も給付金を国から受け取ることが可能になっています。また、既にB型肝炎になった人がお亡くなりになっているような場合には遺族の方が給付金を代わりに受け取ることができます。

いずれの場合にも国に対して訴訟を起こすことが必要になります。更には、それぞれの人が用意すべき証明書が異なってきますので、その点は間違いないようにしなくてはなりません。B型肝炎の訴訟は基本的には被害者を救済する方向で和解が進んでいきますが、訴訟のプロセスはどんな場合にも法的なものですので、一定の手続きを正しく踏んでいくことが必要です。それをしない場合には、訴訟の手続きがストップしてしまいますので、迅速に訴訟の手続きを進めていくには、法律の専門家のアドバイスを得ながら、訴訟の手続きを進めていくことが最良の方法となります。

できれば、医療分野の内容にも詳しい弁護士であれば更に訴訟の手付きがスムーズなものとなるはずです。ネットなどで、法律と医学の両方に詳しい弁護士を探してみてもいいでしょう。

給付金と弁護士

弁護士バッジB型肝炎の訴訟をする際の弁護士費用の一部は国が負担をしてくれる制度になっています。ですから、B型肝炎の訴訟を検討している場合には、まずが弁護士に相談をしてみるといいでしょう。相談者の案件に即して弁護士が訴訟可能かどうか判断をしてくれます。弁護士が訴訟可能と判断すれば、B型肝炎の訴訟の場合にはほぼ100%給付金を受給することができるようになりますが、逆に弁護士が難しいと判断した場合には給付金を受け取ることができなくなってしまいますので、訴訟はやめたほうが良いといえます。

もちろん、弁護士の意見を無視して自分で訴訟をすることも可能ですが、結果は弁護士の予想通りのものとなることがしばしばです。弁護士に相談をする際には初回の相談は無料で行ってくれる弁護士を選んで相談すれば無料で行うことができますので、お勧めです。また、訴訟をする際にも、まずは何人かの弁護士と話してみて、一番自分が信用できそうな弁護士に訴訟の代行を依頼するといいでしょう。

比較的短期間で和解に持ち込むことができますが、その間は弁護士と密な信頼関係が必須のもとなりますので、信用できる弁護士に仕事を依頼することは非常に重要なポイントになります。更には、できれば医学の知識も豊富な弁護士であった方がより良いといえます。

B型肝炎の給付金


お金子供のころの予防接種の際に注射針を連続使用した際にB型肝炎になってしまった場合には国から給付金を受け取ることができる制度になっています。しかしながら、国から給付金を得るためには訴訟によって、自分が予防接種の際にB型肝炎に感染したことを証明する必要があります。医学的にそれを証明することが必要になりますが、B型肝炎に感染している人を救済する目的で、自分がB型肝炎であることを証明するのに必要な医療費用は国が負担してくれる制度になっています。訴訟する際に弁護士に代行を依頼した場合には弁護士費用の一部を国が負担してくれる制度になっています。また、訴訟は多くの場合において時間がかかるものではありますが、B型肝炎訴訟の場合には被害者救済の目的のために現状では非常に短時間で和解に持ち込むことができます。

半年から1年の間には和解が成立して、国から給付金をもらえるようになります弁護士が代行している場合には、一旦給付金を弁護士が取得してそれを被害者の方が受給するシステムになっていますので、全ての業務を弁護士が行うことになります。訴訟はもちろん自分でも行うことができるものですが、法的な知識が必要になりますので、弁護士に代行をしてもらった方が訴訟をスムーズに進めていくことができますので、お勧めです。例えばこれまで多くのB型肝炎の訴訟を行ってきた実績を持った弁護士であればすべてのプロセスをスムーズに進めていくことができるようになるはずです。